お寿司に焼き鳥、締めのうどんまで楽しめる「和処まる吉」が文化街にオープンしてました@福岡in久留米市

次の休みどこ行こう?近くにいいお店ないかな?
そんな時に見てほしい”よりみち情報”を配信中!

こんにちは、よりみちです。

本当に久留米って食の都すぎませんか。

個人的に最近文化街にハマりつつありまして。

この名前の通り溶岩ハンバーグがイチオシのお店も実はここの斜め前にあったりするし

古き良き文化の残る人情味たっぷりな居酒屋さんもあるんだ。

今回はそんなエリアにあるお店に早速いってみましょう。

スポンサーリンク

2022年8月にオープンした魅力的なラインナップのお店『和処まる吉』(久留米市)

久留米の文化街って昔は栄えてたけどもうすっかり寂れたよねぇ。

そういう声を色んなところから聞く昨今ですが私は確信してます。

文化街がまた激アツスポットになると

新しいお店が続々とオープンしてて活気があるのもそうなんですが

何より接客の雰囲気というか、人情味がなんだか他のエリアに比べると

より一層深いように感じるんですね。

ここのお店も例外ではなく、柔らかな話し方をされるスタッフさんに案内されながら

席について食事をするんですが、実はここのお店一部屋だけですが個室があるんですよ。

なんだかVIPルームみたいな雰囲気ですが

扉を開けると大きなテーブルが用意されてて

家族や小さな会社の新年会なんかでも利用できそうですね。

メニューを見てびっくり

ここのお店、『焼き鳥』『寿司』『うどん』『OTUMAMI』まで楽しめるというラインナップがずらっと並んでまして

居酒屋さんで出てくるような寿司なんてぶっちゃけ期待できないじゃないですか。

きっと注文しない方も多いはず。刺身でいいわと。

でも実はここのお店、『鮨じげん』の系列なんですよ。

回転寿司のお寿司もバカにはできない昨今ですが、ここのネタもしっかりこだわって作られてて

いくらは安定で美味しいけど、ネタは正直どこも新鮮なら変わらず美味しいじゃないですか。

さすがお寿司屋さんの系列店だけあって

ガチでシャリがうまいんだ

こういう飾り切りにも惹かれない?

色んなお寿司屋さんをまわってますがネタの切り方がそれぞれのお店で違うので見るのも楽しいよね。

焼き鳥もしっかり美味しいんよな。

焼き鳥屋に行くなら絶対ネギマは食べるんだけど

豚バラで包まれてるこれが焼き加減絶妙でして。

ちょっと興味本位でウインナーも。

これは正直普通でした。まぁそんなもんです。

豚バラがうんまい。

絶妙な塩気が豚の脂に溶けて口の中に幸せな風味が広がっていく..

そして初めて見たこのスタイル。

ゴマ鯖ってイメージはゴマだれで絡めて食べてるイメージだったのに

新鮮な鯖だと、この楽しみ方もありだなぁ。

すりごまの風味も鯖にちょうど相まって醤油につけなくてもうまいんだよねぇ。

まぁもちろん、締めはうどんでしょう。

ラーメンでもいいけどたまにはね。うどんに関してはめっちゃうまい!ってわけではないけど

普通に締めで食べるならちょうどいい優しい味わいでした。

海老天は大きくて食べ応えがあって良きでした。

文化街で食事した後の2軒目にも、もちろん1軒目で贅沢に楽しむのも良きですね。

文化街の夜が今後ますます盛り上がっていくことでしょう。

ぜひ一回行ってみてくださいね。ではまた。

スクロールできます
店名和処まる吉
住所久留米市日吉町5−33 ちとせビル 1階
電話0942-31-8025
定休日日曜日
営業時間18:00-02:00
(週末は3時まで)
駐車場なし
インスタ@kurume_marukichi

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

10年前に一度だけ言われた『石川遼くんに似てる』という言葉を自信に変えて20代を駆けてきました。 1991年熊本生まれ。福岡生活2年目。趣味はヨガと食べ歩き。 インスタ毎日更新中!