瓦そばが食べたいなら秋月の『瓦そばうぐいす』一択でしょ@福岡・秋月

次の休みどこ行こう?近くにいいお店ないかな?
そんな時に見てほしい”よりみち情報”を配信中!

こんにちは、よりみちです。

最高のロケーションで食事をしたいなら声を大にして言いたい。

今は朝倉が熱いです。

田園風景に囲まれて素敵な景色が広がる場所にあるこちらのお店。

一度行けば必ず人に教えたくなるその魅力をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

一年を通していつ行っても楽しめるのが『瓦そばうぐいす』(朝倉市桑原)

お店に向かってずっと進むと、うぐいす色をした看板が見えてきますので

こちらを曲がって進んでいきましょう。

駐車場に車を停めて少しだけ上がっていきます。

もうこの時点でかなり自然豊かなのが伝わるでしょうか。

純和風な佇まいで少し高級そうな雰囲気じゃないですか。

めっちゃリーズナブルなんです。

入り口で靴を脱いで中へ入るシステムになってまして。

中は結構広々とした空間が広がっております。

テーブル席もありますし、座敷もあるのでシーンを選ばずに利用できるのは嬉しいポイントでしょ。

掘り炬燵式の座敷は個人的にテンションが上がりますねぇ。

田舎で生まれ育ったのでこの雰囲気はかなり親近感が湧くんですね。

小さいお子様がいるご家族も安心して食事できるのではないでしょうか。

さて、メニューを見てみましょうか。

献立は愛、隠し味は心。

メニューの内容はこんな感じで『うなめし』(2,400円)や『瓦そば』(1,300円)など人気な料理の

ラインナップですが今回は『瓦そばと季節の釜飯』(1,750円)を注文してみたいと思います。

瓦そばって食べたことありますか?

あまり馴染みがない方も多いと思いますが、ちゃんと裏面に美味しい食べ方がのってるので

これを見ながら食べていきましょうか。

いやぁ、しかしほんとにこの風景は癒しですねぇ。

風に流れる稲穂を眺めてると新緑の夏がきたなーって気持ちが高まりますね。

まずは釜飯がやってきた

1人1つこのセットがやってくるんですが。

もうねこの時点で良い〜香りがするんですよ。

中の火が消えた後に5分蒸らしてから食べるんですって。

どうやって5分はかるんだ?って思ったら窓際に置いてありました。

そしてついにお待ちかねの瓦そばがやってきました。

分厚い瓦の上にのった茶そばと豚肉の焼けた香りがもう〜たまらんです。

蕎麦つゆを注ぎまして。準備は万端です。

もうこの豚肉だけで食べても美味しい。

このつゆは少し濃いめでした。

初手でずっぷり浸けるのは良くない。こりゃ悪手でした。トホホ。

どっちの良さも活かせないので改めて半分ずつ浸けたら。。。

これはかなりいいですわ。

半分つけて食べるとどんどんすすんでしまうんですよ。

普通の蕎麦を食べ慣れてる方はぜひ蕎麦をそのまま何もつけずに食べても美味しいと思います。

このタイミングで火が消えたのでここで砂時計をひっくり返しましょう。

砂時計なんて久しぶりに使うなぁ。こういうアナログなものって久しぶりに使うとなんかエモいですよね。

ちなみにある程度食べ勧めていくと瓦の底の部分はパリッパリになってまして。

これはたっぷりまとわせて少し水分を切って食べるとちょうどいい感じでしたね。

瓦そばの食べ方はそれぞれ自分が好きな感じでいいと思いますが

つゆをつける量を調整すれば年齢を気にせずどの年齢でもきっとハマると思います。

レモンと紅葉おろしをつゆに入れて混ぜるのは一番美味しさを引き立てると思いますが

味が一気に変わっちゃうので少しずつ混ぜながら食べるのがいいでしょうね。

釜飯は湯気がおさまってきた。

ほんとに5分くらいで蒸らしが終わるようです。

ふぁああああ!

めちゃくちゃ美味しそう。

具材もたっぷりで香りがいい。。。。

これ実際に香ってほしい。。。。

釜飯の醍醐味のおこげもしっかりありますねぇ。

しかも一番絶妙でカチカチになる前の色がついたけど固くないよおこげです。

この釜飯を食べるだけでも行ってほしい。

釜飯の醍醐味のおこげがカッチカチで歯が欠けそうなパターンに当たるとガッカリするから

釜飯が少し苦手だったんですが、これはねぇ。ちょうどいいのですよ。

スイーツもね。魅力的なんです。

おしゃれなスイーツプレートですよね。

きな粉のわらび餅は鉄板ですね。

カステラやブリュレも魅力的で箸が止まらんのですよ。

瓦そばを食べた後なのでなんかちょうどいいというか。

この甘さが体に染みるんですよねぇ。。。

子供の頃こういうお店に行ったことがあるんですが今でもそのお店は記憶に残ってて

家族での思い出にきっと残ると思うのでこの夏にぜひ行ってみてほしいです。

朝倉の自然も食事もお楽しみながら思い出を作ってくださいね。

ではまた明日のお店をお楽しみに。

店舗情報

【店名】 #瓦そばうぐいす

【住所】朝倉市桑原753

【電話】 050-5462-0441

【定休】不定休

【インスタ】@uguisu.asakura

【営業】11:00〜21:00

【駐車場】駐車場有り

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

10年前に一度だけ言われた『石川遼くんに似てる』という言葉を自信に変えて20代を駆けてきました。 1991年熊本生まれ。福岡生活2年目。趣味はヨガと食べ歩き。 インスタ毎日更新中!